木製高級ドア・建具 株式会社コムラックス

English

伝承シリーズ10周年記念モデル「鎧・名栗」新登場


個性の演出と価値の増幅

伝承シリーズは2010年より個性の演出、唯一無二として発売し、お蔭様をもちまして2020年に10周年を迎えることとなりました。
伝承シリーズは歩みの集大成として、今後の更なる充実と発展を目指し、新たな風貌をみせる「鎧・名栗」建具を発表します。この建具は他では見ることの出来ないデザイン性において、商標登録を取得することができました。
建具はもとより枠造作や、家具造作への展開を基軸に多面的場面(店舗、住宅、施設などのリフォーム、リノベーション)に応じた商品提案ができるようピンポイントからトータルコーディネイトまで、顧客優越感のある商品としてご案内申し上げます。

意匠登録証明書



鎧・名栗
テーマ
ラ・ビ・エ
ラステック(Rustic)→ 素朴、丸太、古材、鉄、粗削り、手作業感 など
ビンテージ(Vintage)→ 年代物、完成度が高い、由緒ある、経年価値感 など
エイジング(Aging)→ 経時、時を重ねる、手入れ感、風情感、高熟成 など
素 材
木材粗仕上げ、無垢古材の活用、集成材、堅木エイジング仕上げ
部 材
木建具、木枠材・一般木造作材(壁材、巾木、廻縁、膳板、窓枠、カウンター など)
仕上げ
リボスオイル仕上げ、オイル系ウレタン仕上げ、ペンキ仕上げ



ラステックオイルスタイル

ラステックオイルスタイル

粗削りの鎧肌は一様に研磨材にて仕上げますが、鋸挽きそのままの傷痕を残すことで、オイルを浸透させ手入れ感のない濃度と素朴さを引き出しました。

エイジングオイルスタイル

エイジングオイルスタイル

荒れた材肌の鎧挽きは、磨き込みとオイル仕上げによる表面手入れを複数回重ねます。傷と光沢の凹凸を混在させ、陰影と質感を向上させる効果があります。

パイン・エイジングスタイル

パイン・エイジングスタイル

パイン材の鎧挽は、荒肌を丁寧一様に研磨して木地を整えます。ペンキベースの下地処理から順次、異色の塗布研磨を重ねることで、色調と表情の変化は不規則に散りばめられ新しい感性が創り出されるものと思われます。

パイン・ラステックスタイル

パイン・ラステックスタイル

パイン材の鎧肌は挽傷をのこしたまま研磨材にて仕上げます。表面はペンキ塗り濃度が安定する分、傷痕がデザインとして存在感を際立たせてくれます。

象嵌・ビンテージスタイル

象嵌・ビンテージスタイル

意匠性に適する無垢板(素材価値、適度な硬さ、粘りがある)を剥ぎ合わせ、名栗加工(京、名栗柄)を施す。技法と嗜好をデザインとして嵌め込む事で光が織りなす反射と陰が、調度価値をより一層際立たせてくれる。




造作材(無垢材、ソリッド集成材及び挽板貼りによる各種造作材)

店舗、住宅、施設等のリフォーム、リノベーションに…

巾木、廻り縁、サッシ枠、膳板、腰板、上がり框、カウンター、見切り材などは
各種対応させていただきます。

無目枠(厚24mm・幅155mm)

PB(パイン・ブラウン)

PRB(パイン・ローズブラウン)

PBK(パイン・ブラック)

廻り縁(厚15mm・幅36mm)

PB(パイン・ブラウン)

PRB(パイン・ローズブラウン)

PBK(パイン・ブラック)

巾 木(厚7.5mm・幅60mm)

PB(パイン・ブラウン)

PRB(パイン・ローズブラウン)

PBK(パイン・ブラック)

サッシ枠(厚24mm・幅105mm)

PB(パイン・ブラウン)

PRB(パイン・ローズブラウン)

PBK(パイン・ブラック)

壁材(腰壁材)の一例

斜甲冑
オーク
RB(ラステック・ブラウン)

鎧・名栗
オーク
AGW(エイジング・グレーホワイト)

鎧・名栗
ウォルナット
ARS(エイジング・ローズ)

品目

巾木、廻り縁、サッシ枠、窓枠、膳板、上り框、壁面材、飾り縁、ケーシング部材、見切り材、カウンター材、下駄箱、収納、キッチン等の箱物前扉、棚板 など


代表材種

オーク、ウォルナット、バーチ、チェリー、アッシュ、パイン、クリ、ヒノキ など
※その他材種はお問い合わせください。


塗装仕上げ

リボスオイル仕上げ、オイル系ウレタン仕上げ、ペンキ仕上げ など
※基本仕上げは材種及びデザインにより推奨があります、ご確認ください。



多面的リノベーション

Comluxでは、一般住宅はもとより、店舗・施設など多方面に木製造作を含め魅力ある木製品をご提案。
ラ・ビ・エ(Rustic・Vintage・Aging)をテーマに据えた新発想の【鎧・名栗】は、新たな空間を創造します。



Copyright © Comlux All Rights Reserved.